blog

2020/10/15 14:53


 髪のトラブル(抜け毛が多い、髪のボリュームダウン、分け目の広がり、など)に気付いたとき、あなたはきっと「なにが、いけないの??」と思うでしょう。

 それで、シャンプーを変えてみたり、髪や地肌のお手入れを始めたりしますよね。

 自分で思いつく対策をしばらく試しても、髪が思ったように良くならないと「私の髪が良くならないのは、ホルモンのせいだからか」とか「年齢のせいだから」など、他の要因を考えて、ちょっと落ち込むような気持ちを感じるかもしれません。

 なぜ落ち込むような気持ちになるかというと、ホルモンや年齢(エイジング)は、なかなか自分では対処できないことだから。

 でも、ちょっと待って。

 もし、ホルモンやエイジングが髪のトラブルの原因なら、なんでこれだけ幅広い世代(20代でも髪トラブルが気になることは、普通にあります。)や、ホルモンに大きな問題がない女性でも、髪のトラブルを感じるのでしょうか?
 
 それは、女性の髪は、日常のいろいろなことに影響を受けやすいからです。